住宅コンサルタントが住まいの選択(戸建,マンション,注文,分譲,中古)からアドバイス、長く快適に暮らせる不動産購入をサポートします。[奈良県,大阪府,京都府南部]

奈良住家の住宅診断(インスペクション)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら

 

住宅診断/現状建物の調査内容

調査場所 と 確認事項


屋外
・基礎のヒビ割れ・白蟻の被害・沈下・換気不良、鉄筋の露出
・外壁のふくれ・サビ・ヒビ割れ・シーリングの破断・浮き
・屋根のずれ・ひび割れ・浮き・劣化、雨樋の詰まり・はずれ
・軒裏の雨漏跡・雨漏り・はがれ・建具周りの隙間、開閉不良・シーリング材の破断
・バルコニーの手摺りのぐらつき・腐朽・サビ・ヒビ割れ

屋内
・土台及び床組の著しいひび割れ・白蟻の被害・床の沈み・傾斜
・柱及び梁の腐朽・蟻道・割れ、
・壁(室内側)の下地迄のひび割れ・浮き・はらみ・雨漏り・目地の破断・白蟻の被害
・天井及び小屋組の著しいひび割れ・はがれ・梁のたわみ・雨漏り跡

床下
・土台・床組:構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐朽・木材含有水分率
・基礎:立ち上がり部分(屋内・屋外)のひび割れ・鉄筋の露出を伴う欠損、防湿処置
・束:緩み・浮き
・蟻害等の跡等

小屋裏・天井裏
・小屋裏・各階間の天井裏・梁・桁など構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・
 金物の不足や緩み・腐朽・発錆(鉄骨造)・木材含有水分率(木造の場合)
・災害履歴:漏水や火災等の跡、蟻害等の跡

設備
・給排水管:給水給湯管及び排水管の漏水・赤水・パッキンの劣化
・換気設備の作動不良、換気ダクトの接続不良・欠損

※上記の項目でも調査日に物理的な要因等で調査不可となることもあります。
※建物調査の範囲 は目視可能な範囲です。
床下は点検口や床下収納庫などから目視可能な範囲、屋根裏も点検できる箇所から
目視可能な範囲です。もちろん、建物の外周りや設備、壁・柱の傾きなども建物調査します

使用する機材と確認する業務について

基礎のクラッククラックスケール外観上の基礎表面にあらわれているクラックの状態を確認します。 ヘアークラックは問題振りませんが、構造クラックの場合は不動沈下も考えられます。(幅0.5mm/深さ20mm以下)
外壁外壁のクラック屋根や外壁のクラック・欠損・浮き・はらみ等を総合的に評価します。
床下の湿気及び傾斜床下の含水率計測床下の湿度と木材の含水率を含水率計にて調査します。 湿気が多いとシロアリや木部の腐敗が多くなり易いためです。室内での床の傾斜(6/1000以下)をレーザー墨出器にて全体的に確認します。一方向に傾斜している場合は不動沈下が考えられますし、一部であれば床下の下地の問題による影響が考えられます。
壁・柱の傾斜またはむくり等柱の傾斜を測定室内の壁や柱の傾斜をレーザー墨出器にて測ります。一方向に傾斜している場合は原因を突き止める必要がありますし、部分的であればリフォーム時に調整が必要です。(6/1000以上の傾斜がないか調査を行う)
断熱材の不足・結露サーモセンサーサーモグラフィーにより確認します。断熱材の不足部や冷気の入口などを確認します。また、結露により断熱材の落下や壁内部の傷み具合も確認できます。
給排水管からの漏水その他給排水管の漏水チェック給排水管の発錆による赤水や漏水、滞留などを確認します。
防水層の著しいひび割れ、劣化等ベランダ雨漏りベランダや浴槽の防水層からの劣化や漏水について確認します。
雨漏り屋根裏の雨漏り屋根の形状を見たり天井裏の様子を確認することで雨漏りの部位をチェックします。また、目で見えない部分はサーモグラフィーで雨漏りの部位をチェックします。
●既存住宅状況調査技術者(国土交通省認定)既存住宅のインスペクターが調査を行います。
この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら