浅野勝義[建築家+バイヤーズエージェント]が土地,中古住宅,の物件調査,プランニング,仲介など不動産購入をサポート(対象エリア・奈良県,大阪府,京都府南部)

中古住宅を買ってリフォーム・リノベーションする人のプロセス

WRITER
 
物件購入までの流れ
この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら
中古住宅を買ってリフォームリノベーション

古民家のBefore & After


中古住宅を買って、リフォーム・リノベーションする

面談申し込みをしていただきます。
ご都合の良い日時を指定してください。日時を調整いたします。

当方とのメール等でオンライン面談又は直接面談を行います。
ツールは、【ZOOM】または【Skype】を使って初めての面談を行います。

物件の資料を売り手不動産会社より取り寄せます。
※先に売り手不動産へ直接資料を求めると、ナラスミカで仲介業務が出来なくなることがありますのでご注意ください。

取り寄せた資料又はレインズの資料から物件の資料をお送りします。

気に入った物件のご自身で物件を見て頂きます。

気に入った物件がありましたらナラスミカにご連絡いただき、中古住宅購入サポートパックの注文を頂きます。 
その際、土地購入サポートパックの基本価格19.8万円(税込)のお振込みを頂きます。
物件の調査の準備に取り掛かります。

ご希望の日時に現地での現地立ち合いを行います。 しっかりとした調査の上、敷地の良い部分と問題あるところをバイヤーズエージェントとして正確に伝えます。
また、後日、見える土地評価書も作成してお渡しいたします。

前向きに購入検討されるという事であれば、建物の調査を買主側ですることが可能かを売主へ打診致します。了解があれば日を改めて建物調査と耐震診断のチェックを現地で行います。

もし、調査拒否されたり、契約後でないと承諾いただけない場合は、その段階で土地の購入サポートへ変更させて頂きます。

調査結果(耐震診断共)と土地の評価書、現地での印象、アドバイスにて購入の意思が固まれば、次に買主への購入申込書(買い付け申し込み)を提出します。その際、交渉があればその内容も詰めておきます。


購入申込書を提出する際は、手付金の明記も必要になります。売買契約時に手付金としてお支払いする金額は、一般に売買価格の5~10%と言われています。契約時にはこの現金が必要になれますのでご準備ください。

また同時に銀行融資を受ける場合は、建物改修(リノベ)の概算書を持って銀行への仮審査申し込みを行います。 (融資承認を取っておかないと購入申込書の受付をしない業者もあります。)
契約後には本申し込みとなりますが、購入申込書の段階でローンが通っていることが大切です。

購入申し込みを受けて、売り主が条件と共に了解があれば、交渉は成立として売買契約の準備に取り掛かります。                                                          
    
現地の法令等調査を行い、重要事項説明書の作成と売買契約書を作成します。                
↓                                                
仮作成できました重要事項説明書と売買契約書を、買主の貴方と下読みして先に確認を行います。
もし、条件の不備や内容の変更等があります場合は、確認の上訂正いたします。

売主、売主側の仲介業者、ナラスミカ、そして買主の貴方の4者が集まって売買契約を交わします。
当日は契約と手付金の授受のみになりますが、契約書に添付する印紙が必要になります。契約金額に合わせた印紙の準備をお願いいたします。

契約が終わりましたら、契約書を持って銀行でローンの本申し込みの手続きに取り掛かります。事前審査では融資OKが出ていても、物件の詳しい内容まで審査されていない場合がありますので、物件の場所、謄本、売買契約書、そしてリノベーションの見積もり書とを一緒に銀行へ持ち込んで下さい。
申し込みは複数行でも構いません。

中古物件の購入代金と同時にリノベーション工事代金の見積もり書の作成を依頼する必要があります。
 
その為に買い付け申し込みの了解が出た段階で、リノベーションを行う工事の範囲と内容を詰めておきましょう。
売買契約後の銀行本審査に間に合う様に工事費用も提出する必要があります。

銀行での審査が通りましたら、物件の決済を行います。 物件の引き渡しと同時に物件費用の受け渡しを行います。 受け渡しと同時に登記の手続きを行い、完了すれば物件の名義は貴方のものになります。
登記は司法書士事務所へ名義移転の登記見積もりを取って置きますので費用と必要書類の確認をお願い致します。

決済後または、買い付け申し込みの承諾があった時点で、プランニング作成や耐震補強などのオプションを依頼いただきましたら計画をさせて頂きます。 この結果をもとに施工会社への見積もり基準として頂くのも可能です。

施工会社との価格交渉で双方の同意がありましたら工事契約と共にリノベーションの着工へと進みます。

この記事を書いている人 - WRITER -
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら