不動産サービス近日開始!! お気軽にお問合せください♪

不動産購入前の不動産サポート。奈良の住宅建築家 浅野勝義[一級建築士・宅地建物取引士・2級FP技能士]が土地や中古住宅購入の買主の方へ、独自のシステムでサポートします。不動産仲介も承ります。

近鉄生駒駅

narasumika
WRITER
 
近鉄生駒駅
この記事を書いている人 - WRITER -
narasumika
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら

奈良で住みたい人気の駅ランキングTop3に入る “近鉄生駒駅”

近鉄生駒駅

第2弾として、大阪から奈良へ入る玄関口ともいえる生駒の駅ぶらぶらに
行ってきました。

近鉄生駒の駅は、路線地図で言うと近鉄奈良線(近鉄奈良駅方面)と
生駒線(近鉄王寺駅行き)が繋がっています。
他には大阪地下鉄のけいはんな線、そして生駒山へ登るための
生駒ケーブルが繋がる奈良でも有数の主要駅です。

近鉄生駒駅

近鉄電車の路線図。中央に生駒駅がありますが、ここを中心に何本もの路線があります。

広陵にいる私にはかなり距離のある駅でした。
行って見てビックリ。

近鉄生駒駅

生駒駅の改札口。

とっても愉しい所です。

駅の北側と南側とはちょっと表情が違っていて、北側は再開発による
大きなモールや百貨店の入る地区。 南側はびっくり通りを代表とする
下町風の駅が混在している場所でした。

特に生駒ケーブルまでの通りがとっても楽しくて。 ちょっと前に食事を
していたのがとっても悔しくて、こんな食堂街があるなら食べずに来たのに。
と後悔をしてしまうほどでした。

ではまず北側の地区から。

駅の改札を抜けると、目の前に大きな建物が目に入ります。
これが近鉄百貨店だと気づくのに時間は掛かりません。
改札口から徒歩1分、も掛りませんから。

ナラスミカ

駅を出たところ。左手に近鉄百貨店の入り口が見えます。

ナラスミカ

近鉄百貨店の入口になっています。駅から屋根が繋がっているので雨に濡れることはありません。

地上6階建ての近鉄百貨店の2階と連絡通路で繋がっており、お買い物には
不自由しませんね。

実は隣りの建物にもそのまま繋がっています。

ナラスミカ

右の建物が近鉄百貨店。左がベルテラスいこまという複合施設。

ナラスミカ

ベルテラスいこま。ここは3階になります。

隣りの建物は、ベルテラスいこまと言われる建物で、1階が近商ストアが入り
3階は中央広場と小店舗、4階は診療エリアとしていくつかの診療所が入って
います。

4階は生駒駅前図書館(木田文庫)になっています。
生駒市立図書館が新たに生駒駅前図書室としてオープンしたとの事。

ナラスミカ

駅の北側ロータリー。正面に見えるのが近鉄百貨店。

駅からの2階を廻る歩道橋は、駅前ロータリーをぐるっと一周して各建物を
繋いでいます。

地上階には大きなモニュメント、ロータリーとバス乗り場、
タクシー乗り場があります。

次は駅の南側に。

ナラスミカ

駅改札の南側です

改札を出て左手へ曲がると、南側のロータリーに出ます。

駅の南側にも地上階にはバスターミナルとタクシー乗り場があります。
帰る(向かう)方面が違うので、出発地も違う路線なのでしょうね。

ナラスミカ

駅の南側ロータリー。

北側と同じように歩道橋がかかり、渡り終えたところの階段を下りると、
びっくり通り、イコマサウスモールが通り沿いにあります。

いわゆる昔からの駅前商店街ですよね。

ナラスミカ

びっくり通りです。 ビックリじゃないんですよね。

こういうの、大好きです。

早速、びっくり通りを歩いて野菜をたくさん買ってしまいました。
トマトに玉ねぎ、桃にレモン、そしてゴボウと。
トマトがとっても安い‼

そして懐かしい感じがします。

最後に生駒ケーブルの鳥居前駅へ向かいましょう。

中央改札をぬけ、南側へ出て今度はそのまま線路沿いの歩道橋を歩くと
【ようこそ生駒聖天さんへ】という看板が見えてきます。

ここは食堂街になっていて、そのまま通り過ぎるのはとっても辛い通りです。

ナラスミカ

何も食べずに通り抜けるのがとっても難しい通りです。

ナラスミカ

美味しそうな食堂街。既に食べていなければ絶対に入ってしまいます(笑)

食堂街の先に 生駒ケーブルの駅にたどり着きます。

私は地上にある根のと思い、探したのですが見つからず、頭上にあるとは
思いませんでした。

ナラスミカ

南鳥居駅です。ここから生駒山へ向かいます。

鳥居前駅です。
猫か犬か分かりませんが、可愛いケーブルカーに乗って山を登るのでしょう。
とっても楽しそうでした。

ナラスミカ

駅の改札

ナラスミカ

犬? 猫? か分かりませんが、可愛いケーブルカーですよ。

生駒の駅散策、とっても楽しませて頂きました。

この記事を書いている人 - WRITER -
narasumika
自己紹介ここに書く
詳しいプロフィールはこちら