リニューアル中

住宅コンサルタントが住まいの選択(戸建,マンション,注文,分譲,中古)からアドバイス、長く快適に暮らせる不動産購入をサポートします。[奈良県,大阪府,京都府南部]

買主の為の不動産サービスとは

その物件、本当に自分たちの想う住まいを建てる・リノベーションすることが出来ますか?

奈良住家では 土地・中古住宅」の購入が不安な買主に、安心して物件を購入出来るサービスを行っています。

安心して物件を購入できないとは、どんな不安が考えられるでしょうか。
☑不動産にあまり詳しくないので、物件に問題が無いかで購入が不安。
☑中古住宅の傷み度合いや、建物が安全であるかどうかが分からない。
☑新築または建て替えをしようと考えているが、建物を建てるまでに他に費用は要らないのだろうか。
☑中古住宅をリフォームするのに、全体費用が幾ら掛かるか分からない。
☑不動産を購入後、トラブルになる原因や可能性があるなら教えてほしい。
☑その土地を購入した場合、自分が希望する家が建つのか可能なら事前に知りたい。

少し考えただけで出てきました。きっとまだまだあるでしょう。
そんな不安は誰でもあると思います。 不動産の購入は、人生で最も大きな買い物でもあるし、
そのリスクは計り知れませんから。

気に入って買ったにも関わらず、建てられないとか、思っている建物が入らないなんてことがあっては
いけない訳ですよね。

不動産仲介料が高いと思いますか?

不動産仲介料というのは不思議な手数料? です。
どういう意味でしょうか。

買主側の立場をとる不動産業者を考えてみると、業者はこんな仕事をしています。
●物件案内・紹介
●現地での物件説明
●現地での状況調査(道路、給排水施設、隣地境界、隣地からの越境、高低差や擁壁等)
●物件の行政調査確認(給水排水・都市計画・用途地域その他法令一式)
●所有者の確認、隣地所有者、道路との関係
●買主のローン斡旋
●売買契約及び重要事項説明、物件の決済

皆さんが見てられるのは最後の事務手続きなんですよね。
これが高いとか安いとか。
気がついていないかも知れませんが、売買が成立しなければこれらの作業手間は、”タダ”になるのです。
買主の為に動いているにも関わらず。

不思議だと思いませんか?
他の業種であれば、全ての作業には費用が発生しますよね。
不動産業はそれが成立している業種なのです。

昨今、買主側の仲介手数料がお安かったり、仲介手数料が0円の会社もあります。

これは手数料を売主からのみ頂くことでペイする考えで成立しています。
本来双方から頂けるものを片方のみで良いということは、買主にとって神的な考え方ですよね。
殆どは建売住宅等で土地と建物が一体で販売しているので、土地建物込みであれば仲介料がある程度高額に
なりますから、無料にしても事業が成り立つ訳です。

但し注意点があります。
買主から仲介料が無料ということは、重要なチェックやリスクは買主負担であること。
だって、費用を払っていない訳ですから。
それに買主を選ぶ事ができます。色々文句のある買主は断れば良いのです。

費用を払わない事が、デメリットになり得る訳ですね。

考えてみてください。
仲介料が無料というのは極端かも知れません(実際にあります)が、仲介料が安いということは
業務に少しくらい不備があつても許してね。
業務を簡略化して、買主で負担してね。

こういった事を含んでいると理解するべきです。

何も私はそれが悪いとは思いません。
むしろ当然だと思います。

では、その”リスク”はどうすれば回避できるのか
『その物件、本当に自分たちの想う住まいを建てる・リノベーションすることが出来ますか?』です。

これを、建築家の知識と経験で買主の立場に立ってサポートさせて頂きます。

不動産売買のリスク回避は、買主の為の専門家が必ず必要です。
さもなくば、仲介手数料を正規で支払うべきです。
(支払っても買主の為を思ってくれるかは何とも言えませんが・・・)

そもそも、その土地で建築は可能か。
自分たちが想う家が、そこに建てる事ができるのか
自分たちの暮らしにあつた、リノベーションができる家なのか
不動産購入後、トラブルになる原因や可能性があるなら伝える。
これらを調査し、アドバイスします。

物件は買主が探した購入希望の物件になります。
当然、費用はかかりますし、物件は1つではないかも知れません。
しかし、もし建築できない、希望の家が建てられない、リノベーションできず建て替えが必要となった場合、
失うお金はその何倍、何十倍になる可能性があります。
そのことを理解されている方の『買主の為の不動産サービス』です。

また奈良住家では、バイヤーズエージェントとして不動産仲介業務も行なっていますが、
不動産サポートは奈良住家で、不動産仲介は他の不動産会社でも、もちろん大丈夫です。
母体は設計事務所ですが、設計受注の縛りもありません。安心してお申し込みください。 

不動産サポートmenu へ